防災知識

WEB版 わが家の防災チェックBOOK
地震に備える
地震が発生したら(在宅時)

自宅にいるとき地震が発生したら…

地震発生 (0~2分)

地震発生時の行動

  • ゆれを感じたり、緊急地震速報が流れたときは、身の安全を最優先に行動する。
  • 丈夫なテーブルの下や、物が「落ちてこない」「倒れてこない」「移動してこない」 空間に身を寄せ、ゆれがおさまるまで様子を見る。

発生直後 (2~5分)

安全確保 (5~10分)

地震発生直後の行動

落ちついて火の元確認初期消火

  • 火を使っているときは、ゆれがおさまってから、あわてずに火の始末をする。
  • 出火したときは、落ちついて消火する。

窓や戸を開け出口を確保

  • ゆれがおさまったら、避難ができるよう出口を確保する。

あわてた行動 けがのもと

  • 屋内で転倒・落下した家具類やガラスの破片などに注意する。
  • 瓦、窓ガラス、看板などが落ちてくるので、あわてて外に飛び出さない。

隣近所の
救出・救援 (10分~半日)

避難

地震発生後の行動

正しい情報 確かな行動

  • テレビやラジオ、行政などから正しい情報を得る。

確かめ合おう わが家の安全 隣の安否

  • わが家の安全を確認したら、近隣の安否も確認する。

協力し合って救出・救護

  • 家屋や家具などの下敷きになった人を近隣で協力し、救出・救護する。

火災や津波 確かな避難

  • 地域に大規模な火災の危険が迫り、身の危険を感じたら、一時集合場所や避難場所に避難する。
  • 沿岸部では、大きなゆれを感じたり、津波警報が出されたりしたら、高いビルなどの安全な場所に素早く避難する。

避難する前に電気とガスの安全確認!

電気

阪神・淡路大震災では、停電後に電気が復旧した際に「通電火災」が多く発生しました。
避難する際は、電化製品のプラグを抜き、ブレーカーを落とします。

感震ブレーカー

強いゆれにより自動的に電気の供給を遮断するもので、通電時の出火を防止することができます。 区では感震ブレーカーをあっせんしています。

ガス

避難する際はガスの元栓を閉めます。
ガスは震度5以上の強いゆれやガス漏れを検知すると、自動的に供給を停止する「マイコンメーター」が設置されています。

マイコンメータの編成方法

  • ガス器具を止める

  • 復帰ボタンのキャップを外す

  • 復帰ボタンをゆっくり押す

  • ガスを使わずに3分待つ

  • 点滅が消えればガスの使用可能